日本未販売の美容商品を個人輸入代行などの通販で

海外で売られている美容商品の中には、日本未販売のものがあります。日本未販売商品は二つに分類されます。
一つは、海外有名メーカーの化粧品で、まだ日本では未発売の段階にあるものです。もう一つは、内容成分の中に厚生労働省の許可が下りない成分が含まれており、日本では販売できないものです。
前者の海外有名メーカーの化粧品は、原産国である国において開発・製造され、日本へ輸出されます。したがって、最新の製品が日本に届くまでにはタイムラグが生じることがあります。
最先端の美容商品の中には、話題の新成分を配合し、従来の化粧品では得られないような効果を持つものもあります。
どうしても早く入手したい場合は、その国へ直接出向くか、インターネット通販での個人輸入代行を利用する事が出来ます。
美容商品系の個人輸入サイトでは、そうした品が数多く販売されています。
個人輸入を利用する上で注意する点の第一は値段です。送料などを含め、後に日本で発売された時より高くつくことが多い事を理解しましょう。後に後悔しないためにも、先に承諾してから購入する必要があります。
また、偽物にも注意しなくてはなりません。サイト上のうたい文句に騙されず、サイト元の会社の現住所や電話番号が実在するか確認してから、利用するようにします。

日本で許可が下りず販売されていない美容商品とは、化粧品、まつげ美容液、美容サプリなど多岐に渡って存在していますが、インターネットの個人輸入ですべて購入可能です。
日本では認められていない成分の商品だとしても、厳しい検査体制で有名なアメリカのFDA(食品医薬品局。日本の厚生労働省にあたる)の許可は下りている場合があります。
それに適合する場合でも基本的に安全なものと考えられますが、あくまでも日本での許可はないので、万が一健康被害に遭った場合は自己責任となります。